« 我が田舎にもアライグマ・・ | トップページ | 義父(田舎)の葬儀。 »

子供のような思い・・

2005年6月15日天気は晴れ。陽射しは強いです。

 最近の日本を取り巻く国々との民衆がギクシャクしてきましたね。居酒屋あたりの庶民の間では、そんなにガタガタ言うのならと逆反発の風潮もありますね。雑誌等を見ても民族主義的に対抗措置をとれとの強い意見の持ち主も沢山出てきましたね。国と国との利害や外交のことは詳しくはわかりませんが、子供のような思いを塵埃記に記したくなりました。

 まず核開発で挑発している北の金さんですね。平和希求をして欲しいですね。平和希求すると自国がなくなると思っているのでしょうかね。それは逆だと思いますね。日本や韓国からの支援や援助(世界の経済は支援や援助でまわりますからね)で、民衆はもっと豊かになり、企業が開発に乗り出して、金さん自体が世界でも有数の大金持ちになり、安穏と暮らせて、世界で活躍できると思うのですがね。
 見本がありますよね。中東の暴れん坊と言われたあのリビアがドンドン豊かになり、トップ達は世界で活躍をしだしていますね。同じ社会主義のキューバなども平和希求で民衆は活躍していますね。

 中国の覇権主義も平和希求の方向にもう少し力を入れてほしいですね。これからの中国の大問題の農業政策も日本や先進国(失敗の経験も糧にして)のよいところをどんどん取り入れて援助を受けながら素晴らしい農業国になって欲しいですね。世界の人類の未来がかかっている自然破壊の問題も含んでますからね。日本や先進国とのすり合わせなら、自然破壊しなくても充分に収穫をえれる技能はもう出来あがっているように思います。

 子供みたいで甘い考えですが、単純で良いと思っています。民族の歴史や主義や風習や道徳を乗り越えて、地球平和(地球擁護)を求めていくのが最低ラインの基本線の主義(未来の新しい主義が出て来い)だと思いますね。この最低ラインを元にして議論すると、上乗せ議論はできても、最低ラインをしたまわる戦争議論にはなりませんね。


画像はイチヤクソウの咲きはじめですね。皆さんに笑われただろうから、此花に俯きかげんの恥ずかしさを、私の代わりに表現させましょう。

 子供のような心配を追加です。国連の常任理事国になったら、平和活動と言うことで戦地に若者達を送らないといけないですね。理事国がお金で肩代わりしたり、後方でのんびりとはいかないでしょうね。ドングリころころの♪お池にはまって、さー大変♪の歌が耳の中で聞こえてきましたね。

« 我が田舎にもアライグマ・・ | トップページ | 義父(田舎)の葬儀。 »

アーカイブ2」カテゴリの記事