« 播州佐保秋祭 | トップページ | 選挙開票の立会人 »

プロ野球日本シリーズを見て・・

2006年10月22日天気は晴れ。

 さて、見過ごされやすい野の花で進めるつもりでしたが、野球は好きですからね。昨日の日本シリーズを楽しみました。

まずは、野歩きで八重咲きのカタバミを見ました。毎日の田園への散歩でも、カタバミは春から長く咲きつづけてますが、私は見つめますね。そうすると、こんな花にも出会えます。

「カタバミの八重咲き」をダウンロード
八重咲きのカタバミですね。下ばかり見て歩いているのでしょうね。ほんと自分を笑ってしまいます。

日本シリーズ第1戦を見て・・
 素晴らしい試合内容でしたね。特に両投手がプロらしい投球をしましたね。
 川上選手は、現在の投手の中ではプロ中のプロですから、素晴らしさはよく見ています。
 後半になって、スピードが増すと言う珍しい投手です。投球術などの素晴らしさも桑田選手とよく比較されますね。桑田選手に川上選手のスタミナがあれば、もっと偉大な投手になってますね。桑田選手は押さえにまわったことがありましたね。川上選手はやめた方が良いでしょうね。
 理由は練習量より生まれ持った体質だろうと、私は推察しています。長距離、中距離と陸上選手も色々ですからね。

 それよりも、あまり見ていなかったダルビッシュ投手に、私は大変に驚きました。凄いピッチャーですよ。
 195cmの長身からの角度があり、あれだけボールを長く持って投げられるとバッターはたまりませんよ。
 単純に想像すると、足の歩幅も広いから、そうですね・・18mちょいの距離ですが、恐らく16mぐらいからボールが来る感じでしょうね。ソフトボールに近い距離ですよ。よいコースに決まれば、いかに打ちにくいかご想像いただけるでしょう。過去の選手と比較する対象選手は、私はまだ見当たりません。大リーグにはいますよ。

 その両投手の素晴らしさを楽しみましたが、チームとしては似通ったところが多いと感じましたね。選手のキャラクターは素敵な選手が多いですね。
 私が期待しますのに、両チームのピッチャーが持っている実力を出して緊迫した試合になって欲しいですね。そうすると大変もつれた見る者にとって面白い日本シリーズになるような気がします。
 そうなるとキャッチャーですね。日ハムの若い鶴岡選手より、老獪な谷繁選手がシリーズの鍵を握っている感じがしますね。

 そんなこんなで、秋風に吹かれ、夜は焼酎を煽りながらの野球観戦、呑気の真骨頂が発揮できる季節となりました。愚妻から怒鳴られない様に、立ちまわる方法を考えています。

« 播州佐保秋祭 | トップページ | 選挙開票の立会人 »

アーカイブ3」カテゴリの記事