« 2005年12月11日 - 2005年12月17日 | トップページ | 2006年1月8日 - 2006年1月14日 »

2005年・素晴らしい出会い。

 2005年も終わろうとしています。本年もごく身近な野草花を、時間があれば追いつづけました。沢山の野草花や雑草花が私を楽しませてくれました。Gooのメインホームページには整理が出来ていませんが、身の回りだけでも凄い数の花達と今年も出会ったのだなーと思っています。自分ながらに、後年にはじっくりと整理して行きたいと思いますね。色んな場所で今年も花探しをしましたが、素晴らしい穴場を見つけました。何度も足を運んで楽しみましたね。

 その中でも、食虫植物の花達が咲いている場所を見つけたときの悦びは、本年最高のような気がします。希少な状態になっていると検索から知っていましたので、出会ったときの感動は忘れられませんね。ほぼ同じ場所で咲きあがった花達を紹介しましょう。花の薀蓄はパソコン検索してください。私は見た想い出だけを記しますね。

「イシモチソウ」をダウンロード
 6月の中ごろの午前中だと思います。あまり人が寄り付かない池土手の雑草が生い茂ってきている中で白い小さな花(2cm)ほどでしょうか、咲いていました。画像にしましたが、シロトビしまして午後に行きましたが、もう花弁が落ちていました。でも明くる日、またその明くる日と見に出かけました。食虫植物の姿を表し、花も確りと咲いてくれましたね。こんもりと1m四方ぐらいに群生していました。

「トウカイコモウセンゴケ」をダウンロード
 上記のイシモチソウをもっと探そうとごそごそしていますと、鮮やかな濃いピンク色の小花(1cmはない)を見つけました。人の息がかかったりすると花弁を閉じようとしたような記憶が残っています。草丈は15cmほどでしたでしょうか、根の方を見てみるとコモウセンゴケの姿がハッキリと見えました。花と根っこの食虫の葉を同時に画像にしてやろうと苦労した想い出がありますね。これは無理だとわかりましたね。コモウセンゴケよりも、トウカイコモウセンゴケの方だと思います。

「モウセンゴケの花」をダウンロード
 トウカイコモウセンゴケをまた同じ場所で、素敵な花姿はないかと捜し歩いていましたら、6月の終わり頃だと思います。根っこの食虫の葉が違う形態をとっているものを見ました。検索するとモウセンゴケだとわかり、花を待っていました。咲いてくれましたね(小さいです、これも1cmありませんね)。嬉しかったですが、花は少なく、葉を入れれる状態では咲いてくれませんでした。「来年また見にこいよ。」と言われたようです。

 ごく身近な自然中を歩いているのですが、楽しかったですね。このあと秋口に食虫植物のもっと小さなミミカキグサを追ったのも、本年の想い出ですね。本年は素敵な花姿のミミカキグサには出会えませんでしたが、一昨年の画像をまた見なおしましたよ。

 このブログの塵埃記も、本年の最終になると思いますが、来年も今までに出会った花達ともう一度出会いたいですし、まだお出会い出来ていない花達と会えるかなーと思うと春が待ち遠しいですよ。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月11日 - 2005年12月17日 | トップページ | 2006年1月8日 - 2006年1月14日 »