« 2005年6月19日 - 2005年6月25日 | トップページ | 2005年7月3日 - 2005年7月9日 »

古池上に咲く花

爽やかな春が過ぎ  汗ばむ夏の半袖姿で 里山深くを歩く
深緑栄える木陰道の中を 緑風に涼を感じて背伸びする
真っ白なオカトラノオが咲乱れ 野風に揺れている
その純白の花穂の上を 斑模様の鮮やかな蝶達が舞う
その道すがらに古い野池がある そのそばでカキランを探す 
見つけて しゃがんで愛でる 素適な花姿に 心が踊る

古池水面に丸い黄金の花が 点々と顔をだして輝いている
燦燦と降り注ぐ木漏れ日に 池面も煌いている
あっコウホネが咲きあがっていると 足を止める
もっと近くで花顔を覗いてみたい でも水の中へは入れない

人影がない 樹林と土手を眺めながら 
「古池や コウホネ花に かわず飛ぶ」と
飛んでもいない蛙まで持ち出す のんき者が
一人たたずむ 里の池


コウホネ(スイレン科)です。小さな10cmほどの花です。池面に花を突き上げて咲いています。スイレンのように浮く感じではありませんね。

●戯言・・コウホネは毎年、毎年、初夏のこの季節に水面に咲いているのを眺めて楽しんでいました。私のデジカメではズームアップが出来ませんので、画像に出来ませんでした。(しても無駄な抵抗でした)。池土手近くで咲いてくれるのをズート待っていました。本年は空梅雨の様で、池の水位が少し下がったのが幸いした様です。近写距離15cmまで近づくことが出来ました。私の身近な野草花の収集画像がまた一つ増えました。大満足です。

| コメント (4) | トラックバック (3)

« 2005年6月19日 - 2005年6月25日 | トップページ | 2005年7月3日 - 2005年7月9日 »