« 2005年5月8日 - 2005年5月14日 | トップページ | 2005年5月22日 - 2005年5月28日 »

ネット検索の素晴らしさ・・


アイイロニワザキショウ(アヤメ科)です。帰化植物です。

 この花は畦道で初めての出会いでした。沢山咲いているニワゼキショウの紫と白の近くで咲いていました。野の花の色はそれぞれの咲きあがる場所で、何らかの原因で白になったり、色が違っていることがありますから、私はニワゼキショウの青い色が咲いたのだろうと「ニワザキショウの青色」と草花収集画像としてストックしました。

 でもなんとなく花心の形や草丈などが気になりまして、「身近な野草」と言うページに草花お尋ね掲示板がありますので、画像を投稿してお尋ねしました。私はこんな花のことも知らないのかと思われると恥ずかしいから、滅多にお尋ねしない方なのですが、流石に素晴らしいです、即座にアイイロニワゼキショウとお答え頂きましたね。

 ネット検索の中に草花や樹木等々と画像掲示板にお尋ねしたい画像を投稿して、草名や樹名をお尋ねすることが出来るのですね。この掲示板に投稿すると、その道の趣味人や学者や達人達がお尋ね画像を見て、各自それぞれの経験やら見方で即座にお答えいただけます。
 このことは多数の人達が見て、お尋ねの画像を検索していることになりますね。これはネットの大変素晴らしい特徴をあらわしていると思いますね。

 また蛾の名前を検索する画像掲示板があるのですが、蛾はもの凄い数の虫種がありますね。ですから投稿していただくことによって全国の蛾を掲示板によって集められるのですね。このページにも記してありますが、「蛾はまだまだ未発見の新種が沢山あります。ドンドン投稿してください。投稿頂いた画像はこちらで整理と検索致します。」とありますね。ある意味で凄いですね。

 ネットの特徴をこの様に利用することによって、名前のわからない個人の疑問に多数の人が見て答えを出すと言うことと、見たこともない蛾を投稿することによって、動かずにしてネットの中に全国からの蛾の画像を集められるのですからね。

 そんなことを思ったのですが、皆さんはいかが思われますか、私は草花名、樹木、蛾とお尋ね掲示板を知っていますが、蝶、トンボのお尋ね画像掲示板を知りません。ご存知の方は教えて下さい。

 草や樹木もそうですが、誰もわからない新種を投稿してみたいものですね。自分の名前がつくのだろうかなー(大笑)。

| コメント (0) | トラックバック (1)

広がる帰化植物の花達。


シロバナマンテマ(ナデシコ科)・・ヨーロッパからの帰化植物です。

私はこの花を我が地では、初めて見ました。咲いていたのでしょうが、出会えなかったのでしょう。ただ車道脇の荒地や高速道路の側壁の草地に見れるようになったと言うことは、凄く増えて広がってきたのだと思います。
各地では、簡単に野で見れる花になっているようですね。下記に掲載するマツバウンランもそうですね。三年前に川原の土手で見て可愛い花だなーと名前を知った時は、まだまだ風に揺れてパラパラと言う状態で咲いていましたが、本年は川原は花畑のようですし、墓地や畦道や池の土手といたるところに広がっていますね。

野の花の愛好者にとってどうなんでしょうね。私は花の種類を楽しむのには良いが、複雑な心境になりますね。
農家の御年寄りの方達に聞くと、そんな花は知らないと言われますね。私達が野で見れるのが幸せなんでしょうね。


マツバウンラン(ゴマノハグサ科)・・アメリカからの帰化植物ですね。


| コメント (1) | トラックバック (2)

« 2005年5月8日 - 2005年5月14日 | トップページ | 2005年5月22日 - 2005年5月28日 »