« 秋・木陰でしゃがんでお遊び。 | トップページ | 旅のお土産で・・ »

季節をふりかえる楽しみ。


秋のツリアリドウシ(アカネ科)の実です。

 秋風に吹かれて里山を歩きますが、小さな1cmもないツルアリドウシの赤い実をしゃがんで楽しみます。この実には小さな穴が二つついています。この穴が季節を思いかえさせてくれるのですよ。
 春に真っ白な二つの花が咲きます。「ツルアリドウシの花」をダウンロード  その花のナゴリなんですね。
この花を思いだし、晩春に歩いた里山までも振り返る楽しみを与えてくれますね。なぜかこの二つの花が、秋に真っ赤な実に結実することが、夫婦のようでもあり、春の恋人達が秋に結ばれて結婚するような思考が巡ってしまいまして、余計に思い入れも出てくるようです。

またこのツルアリドウシから、秋の実で縁起の良い実達も思い起こされるのですよ。アリドウシ(一両)、ヤブコウジ(十両)、カラタチバナ(百両)、センリョウ(千両)、マンリョウ(万両)と赤い実のオンパレードが見たくなるのですよ。ネットのお友達に教えてもらったのですが、江戸時代にはこの樹木達は大変縁起ものとして庭に植えられたのだそうです。「万両、千両、百両、十両、ありどうし」となり、金が増えて家が栄えると思われたのでしょうね。

 この小草が一つだけつける小さな実から、季節を振り返るだけじゃなしに、古い時代まで思い起こさせてくれるのですよね。楽しませてくれるお礼を言っておかないといけませんね。今度言っておきますね。
 

« 秋・木陰でしゃがんでお遊び。 | トップページ | 旅のお土産で・・ »

アーカイブ1」カテゴリの記事

コメント

こんばんは 呑気おやじさん
いつも 来てくださってありがとうございます

アリドウシは はじめてみました

調べてみたらアリドウシの葉は
とても長生きなのだそうで…

神秘的というか…
不思議な植物ですね
それに 花がふたつ咲いて ひとつの実に結実するなんて
そして 赤い実にふたつ穴が空く

こちらの方ではなかなか見られない植物
ここに来ると見ることが出来るので
楽しく見させてもらいました

自然がいっぱいの場所に行ける
呑気おやじさんがうらやましいです…

投稿: おこ | 2005.11.06 22:09

おこさん・・コメントをありがとう。
なにげなく、さりげなく、呑気になんですよ。
自分流に皆さんのお伺いしてお邪魔しています。
自然の付き合い方も一緒です。ごく身近な花達に話し掛けているだけです。

話し掛けてやれない花達の方がはるかに多いと思います。

投稿: 呑気おやじ | 2005.11.09 23:00

はじめまして
一両を探しています 写真を友達に配りましたが誰も見たことがないそうです 山に行くたびに探していますが見つかりません どうすれば手に入るか教えてください

投稿: 山野層の好きなおばさん | 2005.12.10 17:38

山野草の好きなおばさん様・・コメントをありがとうございます。
さてさて、どうやったら手にはいるか・・こりゃー難しいですよ。
里山を歩けば見つかるのですがね・・ただ小さいことは小さいです。実で1cmないでしょうね。葉はそれよりも小さくて、草全体でも3cmほどかもしれませんね。

お庭では・・アリドウシと言って蟻をも通す刺のある樹木がありますが、山ではまだ見ていませんね・・こちらがほんとの縁起ものでしょうね。

投稿: 呑気おやじ | 2005.12.11 10:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50431/6924180

この記事へのトラックバック一覧です: 季節をふりかえる楽しみ。:

« 秋・木陰でしゃがんでお遊び。 | トップページ | 旅のお土産で・・ »