« 旅のお土産で・・ | トップページ | 検索で迷う雑地の花 »

花と実を同時に楽しむ。


アカネ(茜) アカネ科 の花(2mmほどです)と実ですね。

 畦道の土手に咲いています。初めて見る花ではないのですが、見過ごしていたようです。ムグラ系統の小さな花だろうぐらいに思っていましたが、実がついてから、オヤッと画像にして検索やら、ネットのお友達とお話してアカネだとわかりました。検索すると「林の縁や藪に生えるつる性の多年生植物です。根は橙色で(本来は「赤根」だったのでしょうか),茜染めに使われます。」とありますね。
 この花の名前と同じ名前の女の子がいましたね。あかねちゃんと呼んでいたような気がします。そんなこんなも草花が楽しませてくれますね。

 上記画像のように、畦道や野の草達も秋には実をつけますね。でも実のころは大概は花は見れませんね。でもこのアカネやイヌホウヅキ「イヌホウヅキ」をダウンロード(実は緑から黒になりますね。)は、花と実を同時に楽しませてくれますね。

 まあどんな小さな草花にも、それなりの個性を持ち合わせているようです。これからその個性も少しづつ追っかけてやろうかなーでございます。

« 旅のお土産で・・ | トップページ | 検索で迷う雑地の花 »

アーカイブ1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50431/7141497

この記事へのトラックバック一覧です: 花と実を同時に楽しむ。:

« 旅のお土産で・・ | トップページ | 検索で迷う雑地の花 »