« アマナ(甘菜) | トップページ | 小さなもの・・の春。 »

民衆(庶民)を大切に・・

 私は庶民の生き様が大好きなんですが、逞しくまた慎ましやかに生きぬいている名もない庶民のことをもっと大切に思う世になって欲しいとの思いで、塵埃記をすすめたくなりました。
 
 過去の我が国の歴史においても、戦で何人もの名もない民衆(もちろん戦人も含め)の命の犠牲の上に国家が成り立ってきているのですね。この進歩を遂げた現代の世界でも相変わらず庶民の犠牲が続いてますね。世界各地で戦争が続いていますね。戦士や民衆が命の犠牲を国家の為に積み重ねていますね。我が国でも、あからさまには目に見えないですが、貧富の差が広がりつつあり底辺の民衆に犠牲の種がドンドン増えているように思いますね。金がすべてを支配する歴史をズート繰り返していますが、庶民の側に入るとお金はないのですね。しかし金や地位で支配する人達も犠牲になる民衆がいないと成り立たないのですね。我が国も災害やら職を失った人達の対策やら老人福祉(年金)等々と難問が振りかかってくるでしょう。その時に民衆を助ける一番は庶民の税で食ってる人達(今はいずこも叩かれていますね)だと思いますね。全国の彼らに月1万円の庶民救済対策費を拠出させば(笑)・・こんな法律は無理ですかね。政治とは格差(貧富の差)をなくし、平等性のバランスをとることが一番の仕事じゃないでしょうかね。

 また中国や北朝鮮と、東アジアの外交が乱れてきましたね。でもこの二つの国も、大多数をしめている民衆の犠牲の上に国家があると言うことですね。反日運動を煽られていますが、我が国は民主国家です。はっきりと「日本は民衆を守る為の国家である。」と強く反論すべきであると思いますね。

 台湾のホウ 明敏(台湾独立運動のパイオニア)さんの雑誌での最後の言葉が凄く民衆の為を言い得ていますので記しましょう。
★台湾は独立すべきか否かではなく、自由と民主の社会に生きている二千三百万人の人民に、好きな政府を選択する基本的人権と自分の将来の運命を自分で決定する基本的人権があるべきか否かであると思います。★


本日(4/15)は6花弁のヘビイチゴの花です。野の花は咲乱れてきました。普通は5花弁なんですね。でもこのように沢山の花達の中から6花弁もでてきます。それが民衆のような気がします。多様で逞しいのですよ。政府や国家が滅んだりしますが、民衆(庶民)が滅んだとはあまり聴きませんからね。

« アマナ(甘菜) | トップページ | 小さなもの・・の春。 »

アーカイブ1」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちわ
昨日投句を頂きましてありがとうございました。昨夜のうちにTBできませんでしたので、いまさせていただきました。
どうかご笑覧ください。

中国の反日デモは複雑な様相を呈してきましたね。

投稿: ぶちょうほう | 2005.04.17 09:04

こんばんは。
花宵ライブから無事生還しました理桜です。

今回、初のピアノとのコラボレーションでしたが、とても楽しい時間をもてました。
また改めて短歌を知る機会になったと思います。

また明日から短歌を詠んでいきたいと思います。

おやじさまの言葉にありましたが、
政府や王様や国は滅んでも民衆が滅んだという話しはききませんね。うん、深い読みです。

投稿: 理桜 | 2005.04.19 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50431/3713474

この記事へのトラックバック一覧です: 民衆(庶民)を大切に・・:

» D∞毒句・独句・努句の坩堝∞募集中D [気ままに野山]
別窓で「どうでも一句」をしりとり形式にて、俳句、川柳、短歌、狂歌、都都逸をやっていますが、この窓ではその「しりとり形式」とは離れて、自由に「句」をつくり、作者自身に短くコメントをつけて投稿していただきます。 「句」と謳っていますので、一定の韻律を持つ、ごく短いものなら、上記のもの以外でも歓迎です。未だ立ち上げて日が新しいですので、これからどういう方向に進むか先が楽しみです。 皆様の投稿をお待ちしておりま�... [続きを読む]

受信: 2005.04.17 08:54

» 【花宵歌集】ライブ終了! [berry*berry~恋ヲスル果実]
花宵の音の調べと重なりて言の葉ひらり上弦に舞う by rio 「花宵歌集」日吉真澄(ピアニスト)・沢木理桜(歌人)コラボレートライブ報告 4月16日(土)PM6:00開場/PM7:00開演 PM9:15終了 和食カフェ「きび」にて 約1ヶ月前にピアニス...... [続きを読む]

受信: 2005.04.19 00:32

« アマナ(甘菜) | トップページ | 小さなもの・・の春。 »