« ネコヤナギ(猫柳) | トップページ | 雑踏の中で・・ »

竹林

take本日(2/21)は竹林です。

 梅や蝋梅、マンサクと樹木の木に花が咲き出す春先となりましたね。花を追って遊んでいるのですが、里山や我が散歩道とどこにでもある竹林なんですが、ネット上で竹、竹林が登場することはないし、見かけませんね。そこで私が掲載しようと思いましたね。(ページの更新と言うだけですね。)
 
 竹、竹林でネット検索しても出てきませんね。竹を調べて、少しここに記したかったのですがね。ご存知の方は教えてくださいね。今、梅が綺麗で楽しんでいますが、私は里山周辺を車で巡るのですが、毎年のように思うのですが、花のない時期の竹林が綺麗なんですよ。枯れ木や常緑樹の間で、日の光を受けてきらきら輝くように、そして色も陰影がついて、見上げると素敵なんですね。もっと竹林に注目してやっても良いと思うのですね。

 私の安物デジカメでは、花の接写はそこそこ映し出せても、デジカメでは画素数が少なくて、ほんとの竹林や風景が上手く行かないみたいですね。そこにも取り上げられない理由があるかもですね。笹を接写して楽しむのはチヂミザサぐらいですね。
 花を画像にして楽しんで発信している者にとっての最大の悩みかもしれませんね。梅の花もそうですね。梅の木は木姿も面白いですよね。でも木姿を画像にすると花が撮り込めませんね。

 そんなことを思いながら塵埃記をすすめてしまいました。竹林ちゃんに「ごめんね、もっと素敵に撮ってあられなくて」と謝っておきましょう。

追加・・ふと思ったのですが、梅が咲く頃の旧暦でのお正月の頃が、松竹梅と言って綺麗なのかもしれませんね。我が地は松林がなくなってしまいましたね。松食い虫のせいらしいですね。

 お正月の松竹梅のいわれをネット検索でひらいました。
松・・松は巌にも根をおろし、環境の厳しいところでも堂々と元気よく長生きです。
竹・・竹は曲がったことが嫌いで腹の中が白い。風になぶられても雪の重さに押し伏されても折れず、元気に立ちあがります。すくすくと成長し繁殖力も旺盛です。
梅・・梅はまだ寒いときから一番に咲いて「花の兄」ともいわれます。庭木として愛され、清楚な花、気品のある香です。

« ネコヤナギ(猫柳) | トップページ | 雑踏の中で・・ »

アーカイブ1」カテゴリの記事

コメント

なるほど~竹は接写でとっても美しくは撮れないかもしれないですね。

こうやって全体で見ることの方が多いし、その方が竹は美しいと思います。
きらきらさやさやと輝いてる竹林を改めて見直しました。

そういえば、前に京都・嵐山を訪ねた時、
お寺に通じる道の両脇がずーっと竹林だったことを思いだしました。
それが本当に見事でその竹林の前で写真を撮りましたよ。

投稿: 理桜 | 2005.02.22 16:02

理桜さん、こめんとありがとう。
京都の嵯峨野あたりの竹林は素敵ですよね。

投稿: 呑気おやじ | 2005.02.23 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50431/3022126

この記事へのトラックバック一覧です: 竹林:

» 大伴旅人~万葉集 [berry*berry~恋ヲスル果実]
我が園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも 残りたる雪に交れる梅の花早くな散りそ雪は消ぬとも 雪の色を奪ひて咲ける梅の花今盛りなり見む人... [続きを読む]

受信: 2005.02.22 16:03

« ネコヤナギ(猫柳) | トップページ | 雑踏の中で・・ »