« 2004年10月31日 - 2004年11月6日 | トップページ | 2004年11月14日 - 2004年11月20日 »

世界のトップレベルだ!松坂投手

rinndou3.JPG
本日(11/13)はリンドウです。

 あの甲子園の優勝戦でノーヒットノーランをやってのけた松坂大輔をズート見つづけています。今回、大リーグ選抜との対戦でみごとな投球をしました。ある米国の批評家や関係者は「通用する。10勝はするだろう。」と言ってますが、私は今現在でも大リーグでもトップレベルの投手だと思っています。その思いを塵埃記に記しておきます。

 彼の最大の特徴は速い球(変化球を含め)のコントロールだと思います。どんなに速い球をなげてもコントロールが甘ければ必ず打たれますね。
 バッターには死角があると思います。どうしても打てないコースが、個人差がありますが、バッターのインコース低めの速い変化球ですね。昔、巨人にいた西本投手の右打者へのインコース低めの速いシュート。有名な江夏投手の右打者に対する速いスライダー。神様稲尾様の左打者に対する高速スライダー、ここへのコントロールは一番習得しにくい球だそうです。チョット手先が狂うと死球ですからね。どちらも足元に来て速く鋭く変化しますから、考えただけでも難しいでしょう。(打ったとしてもファールが精一杯でしょうね。)

 それにアウトコースの低めの速球から変化球は、昔から打つのが難しいとされてきました。しかし最近はバッターの技術が上がりこのコースはバットに当たるケースが多くなりましたね。踏みこんで行けば捕らえられるのですね。そこで落ちる球が出てきましたね。大リーグで言うチェンヂアップボールですね。

 松坂は上記のボール総てを速い球でコントロール良く投球できますね。松坂はその上に一流のカットボールも投げれます。このカットボールは綺麗なホームで指先から球離れの遅い投手しか投げられないそうです。有名なのは今回来ているクレメンス、ヤンキースの押さえ投手リベラが有名ですね。
 カットボールは速球と同じスピードで横回転が入っているから、右バッターが芯でとらえたと思ってもボール一個バットの先に当たるようになります。左バッターは反対にボール一個バットの根っこに当たりますね。どちらもバットが折れますよ。(野球経験から)

 松坂大輔はスピードボールからコントロール、素晴らしい投球フォームと上記に記したすべてのボールを兼ね備えた稀に見るピッチャーですね。だから私は世界のトップレベルの投手だと思っています。ただ高校からの投球数の肩の酷使だけが心配なだけですね。

 ネットのお友達が「大リーグの大男投手が、松坂のようなフォームで投げると160Kから170Kのスピードも夢じゃないですね。」と書きこみいただきました。私は間違いなく投げれると思います。それほど彼のフォームは素晴らしいと思います。ただスピードとコントロールの関係に、ある球速からは反比例の関係に入るのじゃないかと思いますね。その辺で160K以上の速球に限界(ボールをコントロールする人間体力)があるのじゃないかとも思います。

 ここまで誉めれば、なぜ点ををとられる、打たれるとなりますが。野球(ベースボール)は最たるメンタルスポーツです。それに松坂も人間ですからね、生身と言うことですね。

| コメント (1) | トラックバック (1)

昭和30年代・・

mizetto.JPG
本日(11/11)は懐かしいミゼットです。

 この11月8日から一泊二日の研修旅行??と言うことで、商店街のおやじどもと道後温泉の方にバス旅行を楽しみました。道後に行く途中に岡山と広島の県境にある「みろくの里」と言う遊園地で昼食と言うことで立ち寄りました。
平日と言うことで閑散とした施設でしたね。

 さてこの施設の中に映画のセットのようにして昭和30年代の街並や商店が再現されていました。大変懐かしい風景でしたので、塵埃記にその懐かしさの一端を記しておきましょう。箇条書きで懐かしみますね。

★小学校の教室・・冬になるとお弁当を温める保温機が教室の隅にあり、上に醤油つけの鰹節だけの弁当が温まってくると、その匂いが教室に充満して、お腹がグーグー鳴ってきたのを思い出しました。
★三輪自動車・・発展途上国ではまだ走っているようですが、酒屋や八百屋のおやじが乗って走っていました。荷積み自転車(前のタイヤより後ろのタイヤの方が一回り大きい。)で沢山の荷物を配達していた小僧さんの姿も思い出しましたね。
★小さな映画館・・私は小学卒業するまで映画館の息子で育ちましたから、中でもポスターをそのままに模写した大きな素晴らしい看板を描いていた白ヒゲのおじいさんを思い出しましたね。
★駄菓子屋・・5円、10円を持って走っていって今日はなにを買おうか色々触って遊んでいましたね。必ずと言って、昔の駄菓子屋さんはおじいさんかおばあさんがニコニコ笑いながら座ってましたね。
★スタンドバー・・スナックと言うのはいつごらからなんでしょうね。亡父がスタンドバーも経営していましたから、懐かしい風景でしたね。そのころはカラオケもなく、男と女の会話だけで酒を楽しんでいましたね。店で働く女性達も地方から金の卵としてある工場に働きにきていたのですが、なにかしらあって水商売に入って行き、そのお店で知り会った男性と結ばれて行くのを、子供ながらに見ていたことを思い出しましたね。ジュークボックスを探したのですが「みろくの里」にはなかったですね。

 そのあと、手押しポンプ、写真屋さん風景とカメラ等々の懐かしい子供の頃を思い出させてくれました。まだまだ皆さん貧しい時代でしたが、なにかしらワクワクするような素的な風景でしたね。良き時代だったのかもしれませんね。
私も鶴田浩二じゃないですが、もう「古い人間」なんでしょうね。

« 2004年10月31日 - 2004年11月6日 | トップページ | 2004年11月14日 - 2004年11月20日 »