« 2004年10月3日 - 2004年10月9日 | トップページ | 2004年10月17日 - 2004年10月23日 »

オケラ

okera.JPG
本日(10/16)はオケラです。

●オケラ(キク科)・・日当たりのよい山野に見られる多年生草本植物。高さは1mに満たないですね。花の大きさは3cmから5cmと言ったところでしょうか。この白花も素敵なんですが、冬の花が落ちて魚の骨で囲ったような籠になっている姿の方がドライフラワーのように使われて知られていますね。食用には柔らかい若い芽は味はくせがなく美味。おひたし、各種和え物、てんぷらなどと記されていますが我が地では食したことはありませんね。
 また根は香気があり邪気を払うのでお正月のお屠蘇(とそ)の主材料。煙で燻して着物の虫除け。整腸・健胃・頭痛の薬などにも使われたと記されて、京都では大晦日の夜、八坂神社から このオケラを燃やした火を持ち帰る「白朮(オケラ)詣り」の行事が有名ですね。
 万葉時代には「恋しけは 袖も振らむを 武蔵野の うけらが花の 色に出なゆめ」などと忍ぶ恋の花としてウケラで詠われていたそうですね。
このオケラも少なくなって県域準絶滅危惧種となっている県もありますね。乱獲は厳禁にしていただくと花を皆さんで楽しめますよね。

★戯言・・草花を楽しむようになって、私はこのオケラには素敵な思い出があるのですよ。ネットのお友達から冬姿のオケラの画像を「花便り」として送ってもらいました。面白い姿が気になり、私は冬で花のない時期に里山へと入りましたね。見つけたときは嬉しかったです。その後パソコン等々でこのオケラの白花を見て、会いたいと次の秋まで待っていました。
 秋になり、そろそろだと里山に行きました。綺麗に咲いていてくれて、その白花の白色(画像にすると白トビしました。)に魅入りましたね。それだけじゃなくこのオケラのお陰でその周辺に色々な花が咲く場所として、私の穴場になりました。このオケラの花が咲く周辺はオミナエシも沢山咲き、本年もママコナに初めて出会いました。そんなこんなで思い出深い草花なんですね。
この穴場はこれからリンドウ、センブリ、ヤマラッキョ等々と言った秋の名花が咲きあがってくれます。大変楽しみにしています。
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

まーるい世界

kikuimo.JPG
本日(10/13)はキクイモ(帰化植物)です。

秋風に吹かれながら
洗濯干し場から夕焼けを眺める
落ちて行く夕日に
なぜか心は落ちなくて
明日を夢見る

まーるい世界を知っているから
ぐるーとまわって明日が来るから
人の世もまーるいと知っているから
浮世に流されても
ぐるぐるまわって元の鞘よっ

みんな まーるいから
海まで流れて また雲になって
雨になって山から川に 
また流されて行く
まーるい まーるい世界なんだ

うんっ私はどの辺りをまわっている ひょろひょろと


| コメント (2) | トラックバック (1)

草花談議

merikennmugura.JPG
本日(10/11)はメリケンムグラです。

 私はこのメリケンムグラは草花を追って本年に初めて花を目にしました。里山の湿った沿道に地を這うように群生して花をつけていました。花名を検索したり、問い合わせたりしている時にこの花をご存知の方から花名を教えていただきました。原産地 は 北米で1年生の草本で昭和44年に岡山で採取され、最近帰化した植物で、アカネ科 オオフタバムグラ属だそうです。花の大きさは1cmほどでしょうか。
ムグラ(葎)についてPC検索中に面白いコメントがありました。
●むぐら(葎)は、野原や荒れた庭などに繁茂する雑草の総称です。草や種が体にくっつくヤエムグラ、つるにトゲがあるカナムグラなどは、荒廃した土地や廃屋のシンボルです。●

★戯言・・帰化植物や草花について花談議と言うほどのものではないですが、このメリケンムグラを通してお友達になった方からコメントを頂きました。コメントはこの前の記事に頂いています。そこで私の拙いお返事をこの塵埃記に記しておこうと思います。

§お返事・・「我が拙いページにコメントをありがとうございます。仰る通りだと思いますね。草花(雑草や帰化植物)にはなんの罪もないですからね。そんな風に思ってますから、どちらかと言うと嫌われものの雑草花を楽しんでいるのかもしれませんよ。畦道で何度も刈り取られてしまうからこそ画像にしてやりたいと。川原でクズとアレチウリ(帰化植物)の縄張り争いも楽しんでいます。クズよがんばれなんですが、他の国ではクズ野郎となっているそうですね。

 盗掘には心を痛めています。私はあまり行きませんが、我が地に自然の森公園があります。盗掘が凄いのですよ。お断りの看板や花名を記した看板が「採取してください」看板に盗掘者は見えるようですね。私は「マムシに注意」の看板に代えておけば良いのにと思っています。草花を追いかけるようになって、自然に対する人間模様も面白い考察だとも思っています。

 薀蓄言ってますが、私はまだまだ駆け出し者なのですよ。身近な草花でも追いきれるものではないですが、のんびりライフワークにしたいです」・・§

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月3日 - 2004年10月9日 | トップページ | 2004年10月17日 - 2004年10月23日 »