« 憂戚 | トップページ | なんか変ですよ。 »

ダウン症候群

nanakabennnosennburi.JPG
本日(11/3)は七花弁のセンブリ(普通は5花弁)です。
ダウン症の子供達にラッキーセンブリ(セブン)をです。

先日、テレビドラマの「たったひとつのたからもの」を見ました。久しぶりにウルウル感動しました。松田聖子の10年ぶりのテレビドラマ出演とCMで流れた親子の抱き合った映像等で皆さんが興味を持たれて、視聴率が30%を超えたそうですね。

私はこのドラマのダウン症の子を持つ親の愛情の深さに感銘を受けました。また今までに映画やドラマで子役の演技で数々泣かされてきましたが、この子役(実際のダウン症を持った)の演技(実演でしょうね)は生きていることの美しさをこれほどまでに表現できるのかと驚きましたね。
笑顔から仕草から見つめる目から、純粋無垢の素晴らしさに圧倒されました。この子役に勝る天才子役は出ないだろうなーぐらいに思いましたね。

あまりダウン症のことは知りませんでした。PC検索して色々考えさせられました。1000人に一人ぐらいの確率でうまれることや、障害というよりも個性と言った方が良いや、神からの授かりものだ等々の言葉を見つけましたね。
皆さんも検索で「ダウン症」と打ちこんで色んなページをご覧になってください。

PC検索からダウン症候群の冒頭文を記しておきますね。これは私が忘れないためにです。

★1866年 イギリスのジョージ・ラングドン・ダウン博士が、発達の遅れのある子どもたちの中で、互いによく似た顔貌と特徴ある身体症状を呈した数人の子どもを発見し、その顔貌が蒙古人に似ていることから「蒙古症」と命名しました。その後1959年にルジュンらによって「蒙古症」は染色体の異常を伴う特殊形態であることがわかり、そこで外観上の類似によって名づけられた「蒙古症」などの名称はなくなりました。そして名を統一する必要性が高まる中、1966年、ダウン博士の論文100年を記念する国際シンポジウムにおいて「ダウン症候群」が採用されるようになった。これを簡略して一般に「ダウン症」といいます。

★「ダウン症」は染色体に起因する病気ですが、ダウン症の大部分は,親がもっていた突然変異が遺伝して起こったわけではなく,卵子や精子ができるとき,または受精卵の発育初期に,23組の染色体のうち21番目の2本の染色体が正常に分離しないためにおこる染色体異常が原因です。ダウン症の染色体異常には次のようなタイプがあります。

« 憂戚 | トップページ | なんか変ですよ。 »

アーカイブ1」カテゴリの記事